第34回「庵 -IORI-」に参加してきた。

どうも。Souls Crystalです。

石神井公園近くで行われた第34回「庵 -IORI-」に参加してきました。

参考URL:https://iorihiki.wordpress.com/2018/04/01/%E7%AC%AC34%E5%9B%9E%E3%80%8C%E5%BA%B5-iori-%E3%80%8D%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/

天気も良くお花見日和の中開催されました。

私は自転車で開催場に向かったのですが、迷って10分程遅れての参加になりました。

私が着いたころには会場はほぼ満席状態で、庵の人気が垣間見えました。

テーマごとにテーブルに別れ、合計3回テーマごとに話し合うスタイルなのですが、私は庵の告知の段階で気になっていた『自分の調子の整え方』に2回、『ひきこもっててもできる”お仕事” “働き方”ってどんなの?』に1回参加してきました。

 

『自分の調子の整え方』では

・筋トレは最高。発散にもなるし、筋肉があればイヤな相手でもいつでもボコボコに出来るという謎の安心感が生まれる。

・ウォーキング

・将棋をすると自分の調子が整っているか分かる

・マインドフルネス

・集中できることが調子を整えることに繋がる。

・アロマ

・小さなことでも自分を褒める

・ダメな時でもダメな自分を受け入れる

・『あ、そっか』『なるほどね』を口癖にする

これは『いや』『でも』などが口癖だと相手の批判から入るスタイルが良くないということで、否定も肯定もしないこれらが良いという話でした。

・物事を面白がる

・森田療法が良い

・お風呂に入ってリラックスする。

・早寝早起き

などが案としてでていました。身体を動かすことが自分を悪い方に向かわせない事に繋がったり、物の捉え方を変えたりすることが大切だったりと学ぶことが多かったです。

私は自分の調子を整えるのに苦労していて、ひきこもっている状態から徐々に元気になっていき、頑張りすぎてまたひきこもり状態に戻ってしまうことで困っていたので、自分にとって大切なテーマでした。

なかでも自分の調子がどれくらいなのか量る方法を持つというのは、普段頑張りすぎないように意識していても出来ていなかったりするので何か持てたら良いなーと思いました。

 

『ひきこもっててもできる”お仕事” “働き方”ってどんなの?』

では就労サポート団体『キッカケ』の方々が来ていて、どのような物がひきこもり状態でも出来る仕事なのか、どういうシステムが働くというハードルを下げることに繋がるのかを話し合っていたりしました。

やはりパソコンを活用しての仕事の案が沢山出ているようでした。私も持病の関係で無理のきかない体になってしまったり、精神的ストレスはなるべく多くない方がいいのでパソコンでできる仕事にとても興味があります。

なのでひきこもりでも出来るパソコンを使った仕事が増えていくと良いなーと思います。私の場合は特に絵に関する仕事が出来るようになりたいです。

 

また、どういうシステムがいいのかという課題では、ひきこもりは失敗を強く恐れる傾向にあるとのことで、失敗しても心をサポートする環境が整っていたり、『仕事をしたい』と思ったときに面接や履歴書などがなく、仕事に繋がる仕組みがあるといいのではないか。

などがでていました。

 

人の話を聴いていたり、自分が話したりしているとあっという間に時間が過ぎ、参加していて緊張はもちろんしたけれどとても充実した学びある時間でした。また参加したいと思います。

ではまた!

ポチっと応援して下さると有難いです。


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA